ホーム » 夢実現の壁と対策とは

夢実現の壁と対策とは

看護師の夢として思い描くことが多いのが、患者を助けるというものです。病気に苦しんでいる患者の手当をすることによって、健康な姿で退院させてあげたいという思いを胸に抱き、看護師になることがよくあります。
その看護師の鑑ともいうべき志をもって現場に出てみると、その看護師の夢を叶えるのが難しいという現実に直面してしまうことも珍しくありません。現実的には、入院した患者が元気になる前に退院してしまったり、病院でそのまま亡くなったり、最期を自宅で迎えるために退院したりすることも多いのです。延命治療のためだけに一時的に入院する人も多く、看護師として看護をしても、何の力にもなれていないと思い悩んでしまう看護師もいます。もともと持っていた「患者を助ける」という看護師の夢を叶えるのは、容易ではないのです。しかし、少し視点を変えることによって、実は叶えられているということに気づくことができます。
患者を助けるというのは、必ずしも病気の治療を達成するという意味ではありません。患者が治療を受けて満足するかどうかが問題であるという視点を持てるようになると、その意味を理解できるようになります。患者が心の満足を得ることによって助かったという気持ちになっていることが大切であり、その仕事ができるのが看護師です。治らないとわかっている病気でも、手術を行ったことで生き長らえることができるようになり、その入院の間ずっと親切にしてもらえただけでも患者にとっては大きな満足です。その仕事をしたことで、患者を助けることなっています。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント

    アーカイブ